日誌

越生高校トップニュース

第49回入学式

4月8日(水)に、第49回入学式が行われました。

卒業式に引き続き、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、新入生と教職員のみでの開催となりました。

新入生は、担任の先生からひとりひとり名前が呼ばれると、緊張しながらも堂々と返事をしてその場に起立しました。

桜吹雪が舞うこの良き日に、 138名の入学が許可されました。

    

  

0

第46回卒業証書授与式

 第46回卒業証書授与式が行われました。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、卒業生と教職員のみ参加、そして式次第を縮小しての開催となりました。

呼名の場面では、別れを惜しむようにすすり泣く声が聞こえてきました。前生徒会長は「卒業生のことば」で、くじけそうなときに支えてくれた仲間や、進むべき道を示してくれた先生方への感謝の思いを語っていました。改めて、この3年間が思い出深く、充実したものだったのだと感じました。

式中は非常に厳かな雰囲気でしたが、先生方の花道で退場するときには、緊張が解け、いつもの笑顔がこぼれていました。

 春を感じさせる暖かな日差しの中、卒業生131名は立派に旅立っていきました。新たなステージでのご活躍をお祈りいたします。

   

  

 

0

美大対策デッサン講座2

 

美大を目指す生徒を対象としたデッサン講座の第2回目です。

今回は想定デッサン。「手とビニールテープを組み合わせて描きなさい。」というお題です。

木炭または鉛筆で、5時間で描き上げます。

大きな画面に苦労しつつ、集中して描きました。

講評会では、何人もの先生から助言を受けました。特に「手の骨格」と「光の方向」についての指摘が多くありました。

手はとても身近ですが、大変難しく奥深い題材です。今後もたくさん描きていきましょう。

0

美大対策デッサン講座

 

美術系の大学を志す1・2年生の生徒を対象に、デッサン講座を始めました。

いつも長期休み中に開催する校内デッサンコンクールとは別に、より受験を意識した形で行っていきます。

 

今回のモチーフは「ジョルジョ」です。像の厚みや、全体のバランスをとるのに苦労していました。

6時間描いた後、講評会をします。様々な指摘を必死に書き留める姿が見られました。

次回は「想定デッサン」の予定です。

0