日誌

越生高校トップニュース

朝礼を行いました。

5月8日(月)は朝礼を行いました。
生徒にとっては連休明けの久々の登校となりました。連休中は生徒の皆さんに大きな事故や怪我もなく、無事に過ごせたことが何よりです。
校長先生からは、校歌の歌詞を引用し、「毎日の努力の積み重ねが重要であること」をお話しいただきました。
5月の連休も終わり、2週間後には「中間考査」があります。
日々の授業に集中し、努力を積み重ね、卒業後の夢の実現を目指しましょう!

0

PTA・後援会総会&授業公開

 5月2日(火)にPTA後援会総会が行われました。
また、PTA総会に先立ち、5限目を授業公開、6時限目に保護者対象の進路説明会を行いました。
 授業公開では、保護者の方々が自由に教室等へ出入りする形式で全ての授業を公開とし、本校の学校生活の様子を感じていただきました。
 進路説明会では、卒業後の進路計画や日常の取組みについて担当者から説明がありました。
 そして、PTA後援会総会も無事終了し、新たな役員での活動スタートとなりました。
 今年は、連休の並びと学校行事の都合により、平日開催となりましたが、多くの保護者の方にご来校いただきました。ありがとうございました。


     進路説明会の様子
0

4月28日 離任式を行いました

4月28日(金)、この3月まで本校で活躍されていた先生方をお迎えして離任式が行われました。

  

離任式では、まず校長が離任された先生をお一人ずつその功績とともに紹介し、その後離任された先生お一人おひとりより離任のご挨拶をいただきました。

越生高校に対する愛情や越生高校の今後に対する期待など話されました。
感謝をこめて花束贈呈と校歌斉唱を行いました。

 

先生方これまで越生高校のためにありがとうございました。
これからのご活躍をお祈りしております。
0

ALTが着任しました!

本日、ALTのAllen Romaine(アレン・ロメイン)先生が着任しました。
ロメイン先生は、ジャマイカ出身です。
主に1年生の英語会話の授業を担当してくれます。
今日の授業では、ロメイン先生の自己紹介を聞き、それについて本校生徒が質問するという活動を行いました。
難しい英語については、日本人の英語の先生や学習サポーターさんの説明もあり、ロメイン先生やジャマイカについてたくさん知ることができました。
ロメイン先生、1年間どうぞよろしくお願いします!


 左がロメイン先生(右は学習サポーター)
0

着任式・始業式を行いました。

本日、着任式・始業式がありました。


はじめに、転出された先生方についての報告、新転任の先生方の紹介がありました。


 

校長先生からは、一つ目に、学習習慣を身につけることの大切さについてお話が

ありました。
高校生である皆さんは、授業や部活、自分のための時間等様々な活動を行いながら、
自分の学習時間を確保しなければなりません。
学習習慣を身につけ、継続していくことで、自分の能力や可能性を高めていくこ

とができます。


二つ目に、新学年や新学期には自分を見つめ直す機会をつくってほしいと

いうお話がありました。
新たな方向性を見つけたり、可能性を広げたり、自分を成長させるためにも必要

なことです。

新しい環境に戸惑う生徒もいるかもしれませんが、一人で悩まず相談してみましょう。

0

3月24日(金) 終業式

本日、終業式がありました。

はじめに、「高校生デザインコンテスト2017」「前田純孝賞学生短歌コンクール」「『高校生のための読書案内』イラストコンクール」「実用英語技能検定」「漢字検定」の表彰がありました。


  

校長先生からは、一つ目に、礼節を重んずることについてのお話がありました。
社会生活において必要とされる行動・作法、礼儀や
人として他の人と接するときには守るべきこと等、身につける必要があります。
当たり前のことを当たり前にできることが大切ですね。


二つ目に、”不満を語らず、希望を語ろう”ということについてお話がありました。
物事に一喜一憂して終わるのでななく、思い通りにならないことに対し、
適応する能力が求められます。
どうすべきかを考え、行動に移すことが大切ですね。


明日から春休みに入りますが、学習や部活動など積極的に行動し、
充実した春休みを過ごしてください!

0

本日「薬物乱用防止教室」を行いました。

茨城ダルク代表の岩井喜代仁先生をお招きし、薬物対する正しい知識や乱用の恐

ろしさ等について公演が行われました。


  

覚せい剤等の薬物乱用が、社会の問題となっています。
薬物依存症とはどのようなものなのか、なぜ断ち切ることができないのか、
使い続けるとどのような影響があるのか等、
具体的な事例をもとにわかりやすく説明してくださいました。

岩井先生のお話から、薬物から自分の身を守るために断る勇気、逃げる勇気、使

わない友達を作ることが大切だということがわかりました。
また、信用できる大人や専門機関に相談することの必要性について学ぶことがで

きました。

薬物に関する知識を身につけ、自ら判断し、行動することや
日頃から相談できる人間関係を形成することが
薬物から自分の身を守ることにつながります。

0

消費者講座を実施しました。

本日、消費者講座を実施しました。




司法書士の比留間貢先生をお招きし、「高校生のための消費者講座」というテーマで
講演がが行われました。


「契約」の成立や「解約」の可否について
実際生活に起こりうる具体的な例をもとに学びました。

架空請求・不当請求詐欺、キャッチセールス、デート商法等の悪質商法や
ネットワークビジネス、インターネットショッピング等における
危険性を知ることができました。

保証人や労働に関する法律等や困ったときの対応について
わかりやすく教えていいただきました。

0

校外清掃を行いました。


本日は学校外に出て、地域ボランティア活動です。

クラスごとに分かれ、越生町の道路沿いや河川敷のゴミ拾いを行いました。
天候に恵まれて良かったですね。

 


  

よーく見て歩くと、意外と小さなゴミが落ちていませんでしたか?
川やコンビニなどでは、目立つ物もあったかもしれませんね。

普段、行き帰りの通学路を歩く時は気がつかなかったり、見て見ぬふりをしてしまったかもしれません。
地域の一員としての意識をしっかり持ち、マナー違反をしないだけでなく、これからも地域に貢献できる取組みを続けていきましょう!

みなさん、おつかれさまでした!
0

非行防止講演会が行われました。

本日は非行防止講演会が行われました。
演題は『ネット時代をどう生きるか~被害者にも加害者にもならないために~』
講師は埼玉教育サポートセンター代表、依田 透先生です。


インターネットが普及してスマートフォンの利用が当たり前となり、ネット依存やネットによる問題点も増えてきました。依田先生からは、ネット環境と上手に付き合っていくためにはどうしたらよいか、を教えていただきました。

「規則正しい生活を送ること」「外の空気を吸い、体を動かすこと」「読書」「思いやりの心」など…ネット時代だからこそ、当たり前の生活を見直すことの大切さに気付いたのではないのでしょうか。



インターネットは上手に使うことで可能性は無限大ですが、使い方によっては負の連鎖を引き起こしかねません。
今日の講演会をもとに、上手な使い方をしていきましょう!
0

「第43回卒業証書授与式」を挙行

3月14日(火) 埼玉県立越生高等学校の「第43回卒業証書授与式」を挙行いたしました。
121名が越生高校を卒業していきました。

  

卒業証書授与では、呼名された卒業生一人一人が、大きな声で返事をし、力強く起立していました。
そして、各クラスの代表者は、堂々と胸を張って卒業証書を受け取りました。

  

卒業生にとっては学校で歌う最後の「校歌」と式歌「旅立ちの日に」は、
涙で声を詰まらせながらも、いつも以上に力強く大きな歌声が体育館に響き渡っていました。

  

越生高校を卒業したという誇りを胸に、新たなステージで力を発揮してください。
いつでも皆さんを応援しております。

0

予餞会が行われました!


本日、予餞会が行われました。
もうすぐ卒業する3年生へ、心を込めてパフォーマンスです!

 

 

1、2年生をはじめ、3年生も、そして教員も出演しました。
忙しいなか、時間をかけて練習に取り組んでいたのが分かりますね。
みなさん、パフォーマンスを楽しんでくれたのではないでしょうか?

 

また、3年間の思い出をうつしたスライドショーと、転勤された先生方からのビデオメッセージもありました。
学校を離れても、みんなをあたたかく見守ってくださっています。

卒業式まで残り一カ月、まわりの人達と日々の時間を大切に過ごしていきましょう。
0

祝 学生短歌コンクール入賞!

兵庫県美方郡新温泉町が主催する、第22回「前田純孝賞」学生短歌コンクールにおいて、応募作品数6,148首の中から、本校生徒2名が入賞しました。
前田純孝(翠渓)は、新温泉町(旧浜坂町)に生まれ、「東の啄木、西の翠渓」と称された明治の歌人です。
なお、本コンクールの選者は、佐佐木幸綱氏(現代歌人協会理事長、「心の花」主宰・編集長)です。

第22回前田純孝賞学生短歌コンクール
【新温泉町長賞】
「雪がふりめんどうだなとつぶやいただけど心はすきっぷしてる」 
 埼玉県立越生高等学校 1年 厚川泰希
【佳作】
「2時間目みんながウトウトしてるころどこかで虫がこっそり鳴いた」
 埼玉県立越生高等学校 1年 山口啓通

★受賞おめでとうございます。これからも頑張ってください!
本コンクールに関する詳しい情報はこちら→第22回「前田純孝賞」学生短歌コンクールの審査結果について
0

二学年進路ガイダンス


本日は、二学年の進路ガイダンスがありました。
先日実施された適性診断の結果が返却されましたね。
どんな職業向いてると診断されましたか?

  

前半部分では全体会があり、後半では「就職希望者」と「進学希望者」に分かれてガイダンスです。
みんなが今やるべきことは、やりたい仕事を見つけて目指す姿を想像し、
そしてその目標に向かって努力することです!

本格的に進路を決める時期が来ましたね。
将来を見据えて、夢に向かって一歩!
0

美術科卒業制作展開催中


 県立美術系高校合同作品展・卒業制作展が埼玉県立近代美術館で開催されています。
今年で16回目を迎えるこの展覧会は、県内美術系高校で学ぶ生徒の3年間の集大成を発表するものです。本校のほかにも、伊奈学園、大宮光陵、芸術総合、新座総合技術高校の作品もご覧いただけます。ぜひ、足をお運びください。
  会期: 2月1日(水)~5日(日)まで
  時間: 10:00~17:30 最終日は15:00まで
  場所: 埼玉県立近代美術館 地下一般展示室

 また、中学1・2年生と保護者対象の5校合同説明会を2月4日に行います。こちらも合わせてお越しください。申し込みは不要です。
  日時: 2月4日(土)11:00~11:30 全体説明
            11:30~12:30 個別相談
  場所: 埼玉県立近代美術館 2階講堂



0

「彩の国だより」に美術科生徒が掲載


 埼玉県広報紙「彩の国だより」2月号3面に、美術科生徒の記事が掲載されています。
「埼玉県美術展作品大募集」のコーナーに、昨年初出品、初入賞した3年渡邊涼太君の作品とコメントが紹介されています。ぜひご覧ください。
0

朝礼が行われました。

本日、朝礼が行われました。
はじめに、表彰がありました。
「第19回花とウォーキングのまちの平和賞(絵画の部)」
努力が実を結び優秀賞に入賞しました。

  

校長先生からは、「人間の可能性」というテーマでお話がありました。

高校生である皆さんは、たくさんの可能性を秘めています。
小さなことを一つずつ積み重ねることの大切さや最後まであきらめない強さを持つことが大切です。


高校生活では、勉強や部活動等、様々な場面で活躍できる場があります。
自分の可能性を広げるためにも、一つ一つを確実に積み重ねていきましょう。

0

1年生 進路ガイダンスを実施しました

1月19日(木) 1年生では進路ガイダンスが行われました。

将来の仕事について視野を広め、自分の将来について考えることを目的とし、様々な分野の専門学校の先生方をお迎えし、進路ガイダンスを実施しました。

  

  

全部で17つの分野の専門学校の方々にお話を伺うことができました。

自分の将来のことを考えるきっかけになったのではないでしょうか。

夢の実現に向けて、やるべきことや今できることを考え、自分の可能性を広げていきましょう。

0

始業式・110番の日キャンペーン参加

新年あけましておめでとうございます。

2017年も早くも10日が過ぎましたが、今日は3学期の初日ということで、始業式及び表彰が行われました。

始業式では、校長先生から、「不易流行」という言葉をもとに、学校生活を一生懸命に送ること、校歌にもあるように「礼節・実践・親切」を忘れないこと、また、チャレンジ精神を持って活動することをお話ししていただきました。


 

酉年は新しい成長や力が生まれるといわれているそうです。みなさんもぜひ、酉のように羽ばたけるような1年をめざしましょう!

そして、始業式が終わってから、生徒会本部役員は、西入間警察の方々と一緒に、110番の日キャンペーンに参加してきました。

キャンペーン活動にあたってビラ配りをしたり、駅のホームでの痴漢逮捕における模擬訓練を見学させていただきました。

新生徒会役員としての初めての活動でしたが、模擬訓練を見た生徒はとても圧倒されたと話していました。
 

3学期もぜひ、安全な学校生活を送っていきましょう!

 

0

学校公開講座(冬季)を実施しました!

12月26日(月)と27日(火)の2日間、県立越生高等学校公開講座(冬季)を実施しました。
26日(月)の午前中は、「小学生の理科実験教室」を実施しました。
越生町内外から約30名の小学生が参加し、実験を交えながら「光」について学んでもらいました。
 
  <先生の説明を聞いている様子>         <分光器を使っての光を観察>

また、26日(月)午後は、一般の方々を対象に「初心者のためのフラメンコ体験講座」を実施しました。越生町内外から約20名の方々に参加いただきました。

<菊原先生のデモンストレーション>

講師役となった本校教員から、フラメンコの歴史や基礎的な用語等の説明があり、その後は、「バイレ」としてお越しいただいた「菊原まりフラメンコ教室」主宰の菊原先生のデモンストレーションを鑑賞しました。
そして、最後には、参加者の方々に、「フラメンコ」を体験してもらいました。
参加した皆様には、外国の伝統文化を少しでも身近に感じていただけたら幸いです。

そして、27日(火)の午前中は、5歳から8歳の子どもたちを対象にした「英語教室」、「キッズ・イングリッシュ」を実施しました。
越生町内外から13人の子どもたちが参加し、楽しく、英語の「あいさつ」、「数字」、「アルファベット」、そして、「ダンスをしながら、英語で「ものの名前」を学ぶ活動」を行いました。
最後に、参加した子どもたち一人ひとりに修了証が手渡されました。
(参加したみなさんは、本当に一生懸命に頑張っていました。)

 <キッズイングリッシュ修了証>

来年の「学校公開講座」も魅力あるものを用意したいと考えています。
皆様のご参加をお待ちしております。
0