日誌

保健講演会(性教育講演会)が行われました。

本日は、埼玉県家庭教育振興協議会の築地先生を講師にお招きし、保健講演会が行われました。
築地先生の子ども時代、教員時代などのご体験をご紹介いただき、子どもに対する親の気持ちは「命を大切にしてほしい」というたった一つだけだというお話をいただきました。
しかしながら、若者の寿命が短くなってしまう状況があるとのことでした。
その原因として、①コミュニケーションの問題(ことばを使って何かを伝えること)、②食事の問題、そして、③として、「性の問題」があるということでした。
高校時代は、思春期の中でも感性が非常に鋭くなる「嵐」のような時期です。女子も男子もお互い異性に気遣う行動を心掛けましょう!


      講演の様子