日誌

主権者教育にかかる講演会

本日、東京外国語大学の春名先生をお招きし、「主権者教育にかかる講演会」を開催しました。
開会に先立ち、校長先生が、7月10日(日)の参院選について、ポスターを用いて紹介されました。
そして、講演では、春名先生から「公職選挙法と18歳選挙権」、「なぜ選挙がおこなわれるのか?」、「なぜ投票に行くべきか?」、「期日前投票の制度」について、とてもわかりやすくお話しいただきました。また、「高校生の政治活動」に関しては、「私たちが拓く日本の未来」の内容にも触れながら、説明していただきました。
生徒のみなさん、主権者としての意識を高めるとともに、様々な課題を多面的・多角的に考え、自分なりの考えを作っていく力をさらに育んでいきましょう!