日誌

2016年6月の記事一覧

主権者教育にかかる講演会

本日、東京外国語大学の春名先生をお招きし、「主権者教育にかかる講演会」を開催しました。
開会に先立ち、校長先生が、7月10日(日)の参院選について、ポスターを用いて紹介されました。
そして、講演では、春名先生から「公職選挙法と18歳選挙権」、「なぜ選挙がおこなわれるのか?」、「なぜ投票に行くべきか?」、「期日前投票の制度」について、とてもわかりやすくお話しいただきました。また、「高校生の政治活動」に関しては、「私たちが拓く日本の未来」の内容にも触れながら、説明していただきました。
生徒のみなさん、主権者としての意識を高めるとともに、様々な課題を多面的・多角的に考え、自分なりの考えを作っていく力をさらに育んでいきましょう!

 
0

全国大会壮行会

第33回埼玉県高等学校総合文化祭開会式、第40回全国高等学校総合文化祭壮行会が、6月15日さいたま市民会館おおみやで行われ、本校美術部の代表も参加してきました。総文祭は”文化部のインターハイ”とも呼ばれる大会で、今年は広島県で開催されます。壮行会では、吹奏楽、合唱、演劇、自然科学など18分野の埼玉県代表校が作品を披露しあいました。どの演目もレベルが高く、文化部活動、芸術の素晴らしさを感じる一日となりました。
 
 
0

保護者面談期間はじまる

 本日、6月15日(水)から6月18日(土)までの4日間は、保護者面談期間となります。
1年生では、はじめての高校生活であることから、成績を含めた学校生活全般のことを中心に、また、2、3年生では、進路のことを中心に、各担任が保護者の方と面談を行います。
 学校生活の様子や生徒たちの活躍を報告するとともに、御子女の進路について、「夢の実現」を目指して、保護者の方々と一緒に考えて行ければと考えております。
 保護者の方々におかれましては、御多忙のところ恐れ入りますが、万障お繰り合わせのうえ、御来校くださるようお願いいたします。
 なお、6月20日(月)は、土曜日(6月18日)の振替日となり、学校はお休みになります。
0

教育実習生奮闘中


 本校美術科の卒業生が、教育実習を行っています。現在美術系大学4年生に在籍する2名が、教師を目指して実習中です。若さを生かして、生徒の輪の中に飛び込み奮闘しています。多くのことを吸収する3週間になることでしょう。

 
0

高校生国際美術展


 第17回高校生国際美術展において、美術科3年丸山純奈さんが奨励賞を、同3年尾崎里樺さんが佳作をいただきました。同展覧会は美術部門と書道部門があり、美術部門は全国から1731点の応募がありました。丸山さんの作品は、6月22日(水)~7月3日(日)まで六本木の国立新美術館に飾られます。ぜひご覧ください。

   
        3年 丸山純奈 『百鬼夜行』                  3年 尾崎里樺 『花と嵐』
0

体育祭&おはようキャンペーン

本日は、第44回体育祭とPTA後援会の方々による"おはようキャンペーン"が行われました。
   
越生高校では、保護者の方々に"おはようキャンペーン"として、登校時の生徒への「コミュニケーション」や「声掛け」のご協力をお願いしています。
今回、多くの保護者の方々にご協力いただきありがとうございました。
なお、次回の"おはようキャンペーン"は11月のロードレース大会となっております。たくさんの保護者の方のご参加をお待ちしております。

一方、体育祭のほうは、天候にも恵まれ(風がやや強く砂が舞って大変でしたが)、
どのクラスもみんな精一杯がんばりました!

    

    

勝敗に係る審査では、"どれだけ仲間の応援に力を入れているか"なども見られています。
夢の実現には、おたがいに仲間を尊敬し、協力する力も大事ですよね。

生徒のみなさんの大きな声や一生懸命な姿、とても輝いており充実した一日でした!
0

更衣と朝礼

本日は、朝礼が行われました。
校長先生から、ある有名大企業の「マナー・スタンダード」について、一例が紹介されました。その大企業では、従業員の「身だしなみ」をとても重視し、お客様の印象を良くすることで会社の信頼感を向上させ、成功につなげているというお話がありました。
さて、本日は更衣(ころもがえ)でもあります。今日から夏服の着用となりますが、引き続き「身だしなみ」には気を配り、越生高校の「マナー・スタンダード」をしっかり意識して、学校の信頼感をさらに高められるよう頑張っていきましょう!
※なお、本日以降も肌寒い日には、上着の着用も可能です(更衣により、制服の上着を着てはいけないということではありません)。

0

美術科 県展入賞


 第66回埼玉県美術展覧会において、美術科3年渡邉涼太さんの油彩画『彼方』が、産経新聞社賞を受賞しました。プロを含む幅広い年代から出品された4090点の中からの受賞は快挙です。他にも、4名の生徒が彫刻部門で入選を果たしました。
 県展は、埼玉県立近代美術館で5月31日から6月22日まで開催されています。ぜひご高覧ください。

  
    『彼方』 3年 渡邊涼太     『森の声』 3年 成島麻世     『木菟』 2年 飯野有莉奈

        
 『ランカスター』 2年 林 大雅      『降り立つ天馬』 2年 園田伸敏 
0